こんにちは、CSSWEBの家主です。

織田ゆり子

私のホームページ物語

日本にインターネットが普及し始め、ホームページなるものが登場した頃、私はMacintoshのパソコンを買いました。OSは漢字TALK。一体型筐体(本体とディスプレイが一体となったデザイン)のPerformaです。デスクの上に構える姿は神社の狛犬に似ておりました。

その当時は作詞家・放送作家・脚本家・構成作家を掛け持った文筆業が大忙し。夜中にワープロで原稿を書いてはFAXで送り、実家の鎌倉から東京の放送局や録音スタジオへ車を飛ばす毎日でした。しかしワープロからパソコンにシフトした途端、文章を書くことよりもコンピュータをいじることに興味が移ってしまったのです。新しい世界への開眼でした。

特にのめり込んだのがホームページ。見ているだけでは飽きたらず、ホームページ作成の手引書を購入してHTMLを研究し、秋葉原のSOFMAPでPhotoshopを買って画像の加工を手探りで練習しました。

初めての作品をシステム制作会社を経営している友人に見せたところ、「せっかくだから仕事にしてみたらどうだ?」と、無謀にも顧客企業のホームページ作りを任せてくれたのです。今から思えばレイアウトも画像処理もド素人で、目をおおいたくなる稚拙なページ。Netscape Navigatorに表示された自社ビルの画像を喜んで下さったクライアントも、ホームページを見るのは初めてだったようです。

HTMLのタグをほぼ暗記した頃、またその社長から申し入れがあり、企業のPC研修サービス等を行っている富士通のグループ会社に講師のサポートとして派遣されることになりました。受け持ったのは「HTMLによるホームページ作成」という講座。何より困ったのは使用するマシンがWindowsだったので、慌ててパソコンを買いに走り、徹夜でファイル操作の猛特訓をしたのです。受講生はSEやプログラマが大半なのに、右クリックもろくに出来ないサポートは前代未聞だったことでしょう。

その後は講師に昇格して、HTMLだけでなくJavaScriptやPerlの講座も受け持ち、上司からの命令でデータベース(OracleやPostgreSQL)を勉強して、CGIとデータベースの連携について教えるようになりました。CGIに関しては講習会テキストの開発も任されて、マスターした言語はテキストエディタで直打ちできるのが小さな自慢です。

ソフトだけでなくハードも知りたくて、秋葉原の電気街でパーツを買い漁っては自作パソコンを組み立てた日々。サーバ機を作りlinuxをインストールして、トライアンドエラーを繰り返しながらネットワークの研究にも励みました。

今では講師業を引退し、海と緑の環境に恵まれた逗子で小さなホームページ屋さんを開いております。ご近所のパソコンが壊れた時には工具を持って修理に行き、インターネットが繋がらない時には接続方法をマンツーマンで説明し、さらには心理カウンセラーの資格を活用してご高齢者の話し相手になることが楽しいのです。

長く業界にいるおかげで、デザインセンスとスキルの高いデザイナーやコーダーと信頼関係を築き、サテライト・オフィス形式で繋がった事業形態を維持しております。光ファイバー網の整備が進んだことで、家賃の高い都内にオフィスは要らなくなりました。

湘南のなかでも逗子・葉山は、スポーティーでおしゃれで自由なライフスタイルを楽しむ人たちが集まった街。CSSWEBの家主も回遊魚のように出歩いておりますので、見かけたらお声をかけてください。もちろんお仕事のご依頼も大歓迎でございます。

Profile

織田ゆり子(おだゆりこ)

聖心女子大学卒業
株式会社ユリズインク代表取締役社長
第2750地区東京恵比寿ロータリークラブ会員
ロータリーの友WEB版開発プロジェクト委員
日本音楽著作権協会正会員(作詞者)
日本プロカウンセリング協会正会員
WEB制作講師

About Us

湘南の海と緑に恵まれた逗子市をベースにして、スタッフがサテライトオフィスで繋がったホームページ屋です。
インターネットお悩み相談、パソコン操作の家庭教師、更新が滞ったサイトの活性化・管理代行、Skypeによるフォローも行っております。

Concept

ホームページはシンプル・イズ・ベスト。最低限に必要なのは「キャッチコピーと文章」「デザインセンス」「セキュリティ」です。CCSWEBはマルチデバイス対応の「読んでもらえる・見てもらえる・安心してもらえる」に特化した三位一体のWEB制作を行っています。

Contact Us

CSSWEB(シーエスエス・ウェブ)
〒249-0008
神奈川県逗子市小坪6-7-20-21
E-mail: support@cssweb.jp

Base

逗子市小坪の海